Momoのカルフォルニア通信

See, Watch, lookの使い方

See, Watch, lookの使い方

こんにちは。前回はSeeとMeetの違いについて簡単に説明させていただきましたが、いかがでしたか?
さて今回は私たち日本人にとって同じように違いの分かりづらいSee, Watch, Lookについてお話ししたいと思います。
See  :映画館などに行って映画を見る時のように、それだけが強制的に視野に入ってくるもの

Watch:ちょっと注意をしてみなくてはいけないものを見る時。
     たとえば家で見るテレビなど集中してみなくてはいけないもの

Look:「何かを見るために目を使う」ということなので、watchよりもさらに注意してみなくて
    はいけないもの
それぞれ例を挙げてみると、What are you doing tonight?」と質問されたときに下記のような返事があります。
I’m going to see a movie tonight.
 (seeはそれだけを集中して見るので、これだけで映画館で見るとわかります。)
I’m going to watch a movie tonight.
 (watchは他のものもあるけれどちょっと集中して見なくてはいけないものなので、この場合は家
 と言わなくても家(誰かの家)で見るとわかります。)
そしてLookは

Look! There is a very good looking guy across the street.
見て!あっちの通りにすごいかっこいい人がいる!
こういう場合は、本当にPay attention(注意して)見なくてはいけませんよね、もちろん。(笑)
機会があったらぜひ使い分けを楽しんでみてくださいね。
次回はHearとListenの違いについてお話ししたいと思います。

See you soon★

HearとListenの違いを見る

関連情報

予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話

予約不要のオンライン英会話のネイティブキャンプ。
業界初!24時間365日いつでもどこでも英会話レッスンができる!
TOKYO MX 放送中 東京オーディション(仮)、ネット配信番組 小力の小部屋など様々なメディアで紹介されています。

RELATED POST