Momoのカルフォルニア通信

Fast Food体験

Fast Food体験

私の最初のアメリカ体験は中西部のオハイオ州で、10か月の高校での交換留学でした。
渡米して初めてMcDonald’sにホストファミリーと一緒に行った時のこと。
注文をしようとしましたが、まず最初でひっかっかたのがフライドポテト。一生懸命発音に気を付けて“Fried potatoes, please”とお願いしましたが、まったく通じず。写真を指差したところ”Ohhh! French fries!”と言われて初めてフライドポテトが和製英語だったことに気づきました。
McDonald’sの発音もきれいに「マクドナルド」と言っても絶対に通じません。どちらかといえば「メッダーナルズ」のように発音します。こうなるとまったく別物に聞こえませんか?
また日本ではコカ・コーラをコーラといいますが、Cokeと言わなければわかってもらえません。
同じようにFast food店での注文では日本で英語だと思って使っていたけれど、違う言い方をするものがたくさんあります。
レストランではコーヒー、紅茶、ジュースなどをsoft drinkということが多いですが、Fast food店などでvending machineから主に炭酸系の飲み物を自分で注ぐような場合はFountain drinkといいます。炭酸系の飲み物はカリフォルニアではsoda, 中西部ではpopといいます。

さて、無事注文を終えると、店内で食べていくか、家に持ち帰って食べるか、店員さんに聞かれます。
“For here, or to go?” (店内で食べていきますか?それとも持ち帰りますか?)
最近のマクドナルドはコーヒーやスムージーなどもおいしくなってきていますから、家に帰ってのんびりいただきましょうか。
“To go, please” (持ち帰りでお願いします)

Grocery shoppingを見る

関連情報

予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話

予約不要のオンライン英会話のネイティブキャンプ。
業界初!24時間365日いつでもどこでも英会話レッスンができる!
TOKYO MX 放送中 東京オーディション(仮)、ネット配信番組 小力の小部屋など様々なメディアで紹介されています。

RELATED POST