おすすめオンライン英会話比較なび管理人
この記事を書いている人
カナダ留学経験ありで英文科卒の管理人が厳選したおすすめのオンライン英会話スクールを紹介しています!
日本にいながら確実に英語を話せるようになる、英語上達法や勉強法も発信中。
英語上達の秘訣

発音の秘訣

日本語ではほとんど使わない発音を重点的に抑える

英会話の発音の秘訣は、英語ではよく使う発音のうち、日本語ではほとんど使わない発音を重点的に抑えることです。

実は英語には、日本語では全く使わない音がいくつかあります

そもそも日常で使用しない音を、いきなり日本人が使えるわけがありません。

英会話が流暢な人でも、なかなかマスターできない音もあります。
これは意識的に練習をしないといけません。

一度コツを覚えれば、会話の中で自然と使えるようになります。

MとNの発音の違い

例えば、有名なものとしては「MとN」があります。
この二つの違いをしっかり説明できる人は少ないでしょう。

日本の英語教育では、どちらも「ん」としてしまっているからです。

たとえば、「simple」という英単語がありますが、これは和製英語で「シンプル」とされ、多くの日本人がそのままカタカナで発音しています。

実は、この「m」こそが、日本語にはない発音をもっています。

発音のポイントとしては、口ではなく鼻から息を出して「ん」と言います。

口を閉じたまま「ん」と言った時の発音と似ています。

特に、鼻の穴を空気が通っていく感覚をつかむと上手くいきます。

LとRの発音の仕方

ほかにも、「LとR」の発音も日本人には難しいものとして有名です。

先ほどのmとnは使い分けが出来なくても、聞き取りが出来なくてもそれほど問題はありません。

しかし、このLとRは、しっかり聞き分けできないと単語の判別ができないので、しっかり覚えておきたいです。

例えば「right」と「light」があります。これはLとRを聞き分けられないと、判別ができません。

もちろん、文脈で聞き分けることはできますが、音で判別できるに越したことはありません。

ほかにも、「pray」と「play」があります。意味を見ても、前者は「祈る」、後者は「遊ぶ」であり、全く違うものになってしまいます。

ほかにも、「really」など、一つの単語の中でLというとRを使い分けるものがあります。

このような単語の発音が上手にできると、ネイティブも感心するほどです。

流暢できれいな英語を身につけたい人は、特に注意しましょう。

Lの発音のコツ

LとRについてもう少し詳しく見ていくと、まずはLの発音のコツがあります。

これは、日本語では「ら行」の音に近いです。

ら行を口に出して言ってみると、舌が口の上部、歯茎の手前当たりに触れます。

ここからさらに歯の近く、歯と歯茎の間にまで舌を持ってきて、ら行を発音します。
これが「L」の発音に非常に近いです。

普段使わない動きのため、舌がもつれるでしょう。
これを意識的に訓練するわけです。

一方、Rはこの逆であり、舌を喉の方へ引っ込めた状態でら行を発音します。

英語の発音勉強におすすめの本

発音の勉強法正しい発音をまず覚える 発音の勉強法については、正しい発音をまず覚える必要があります。 これは独学で可能であり、ネイティブの発音を記録...