英語上達の秘訣

発音の勉強法

正しい発音をまず覚える

発音の勉強法については、正しい発音をまず覚える必要があります。

これは独学で可能であり、ネイティブの発音を記録したCDを使って簡単にできます。

具体的には、「真似る」ことが大切です。

CDを繰り返し聞き、ネイティブの発音を自分なりに真似ていきます。

普段の学習においてこれを意識していれば、自然と発音は正しくなっていきます。

発音を誰かに確認してもらうことも大切

一方で発音の勉強法は、誰かに確認してもらうことも大切です。

これはネイティブスピーカーと話す機会があると効果的です。

オンラインの英会話スクールのレッスンは、あらかじめ内容が決められているものもありますが、自由に会話をする時間もたいてい設けられています。

そこで発音を確認してもらうといいでしょう。

また、一人でも発音をある程度確認することはできます。

一つは、レコーダーなどを利用して自分の声を録音する方法です。

自分で発音していて、CDとほとんど同じと思っていても、レコーダーで客観的に聞いてみると、全然ネイティブと違うということはよくあります。

何度も録音しなおし、舌の動きや口の動きで発音のコツを覚えていきましょう。

また、市販の英会話教材の中には、コンピューターで発音を練習できるものもあります。

skypeなどで使うマイクを利用して、コンピューターに声を録音し、それを解析していきます。

ネイティブの発音をコンピューターで視覚的に表し、それを自分の発音と比較できるソフトもあります。

このようなソフトは特殊なものなので、skype英会話などでネイティブに聞いてもらう方が手軽でいいでしょう。

早い段階から発音を学ぶのがおすすめ

また、発音の勉強法については、早いうちに行った方がいいです。

英語の基礎力がないうちでも、発音の練習を優先すべきです。

変なクセがついてしまうと、それを後で矯正する作業が必要になるからです。

クセというのは厄介で、一度ついてしまうとそれが当たり前になってしまい、とっさの場面でクセが出てしまいます。

英会話が上手な人でも、発音が微妙な人がいますが、それほど矯正は難しいのです。

発音がある程度きれいになってきたら、それを自然に出すための訓練をしましょう。

例えば、シャドウイングのような、ネイティブの声を追っかけて発音する方法がおすすめです。

ネイティブの発音を真似しつつ、遅れないように早口で音読していきます。

何度かシャドウイングをしたら、再び細かい発音について確認し、さらにたくさんの英文を音読していきます。

これを繰り返していけば、会話の際にも自然ときれいな発音が出るようになります。

英語の発音勉強におすすめの本

発音の秘訣日本語ではほとんど使わない発音を重点的に抑える 英会話の発音の秘訣は、英語ではよく使う発音のうち、日本語ではほとんど使わない発音を...