英語上達の秘訣

スピーキングの勉強法

スピーキングの勉強法

スピーキングの勉強法として有名なものに、シャドウイングがあります。

これは、CDなどを利用して、ネイティブの英語を聞いていき、後を追いかけるようにして自分でも話すという練習法です。

かなり実践的なトレーニングになりますので、リスニング力がしっかりしていないとできません。

リスニングの基礎がしっかりした状態でシャドウイングを行うと、発音、抑揚、表現の使い方などが総合的に身につき、あっという間にスピーキングの能力が向上します。

シャドウイングをするには何か教材が必要です。
市販のものでいいでしょう。

例えば単語帳でも、長文形式で覚えるものは使えます。

できれば英会話用の日常会話を使った教材を買うのがいいです。
一つの長文に付き、何度もシャドウイングをしましょう。

完璧にできるようになるまで行うと、重要表現なども自然と覚えることができます。

また、シャドウイングの際には、しっかり内容を理解するようにしましょう。

シャドウイングは意味を理解していなくても効果があると言われていますが、より高い効果を得るには瞬時に内容を判断できたほうがいいです。

生きた英語の身につけ方

スピーキングの勉強法は、事前に勉強するだけでなく、実際に練習することが何よりも大事です。

英語は外国語ではありますが、あくまで言葉です。

日本語を話すときもそうですが、どのようなことを話すか、相手の話に対してどのような言葉を返すかは人それぞれです。

ですから、例えば普段自分が日本語で話す時、どのようなフレーズをよく使うか、それを英語で表現すればどうなるかを考えておきましょう。

ネイティブと会話している際にも、「ここでこのようなフレーズがあれば便利だ」などと考え、会話が終わった後でフレーズを探します。

そして、再び会話する際にそのフレーズを試してみます。
これを繰り返していくと、生きた英語が身につきます。

また、ネイティブと会話する際に、質問をするのも効果的です。

「こういう事を言いたいのだけど、どんな表現があるかな」と聞いたり、あるいは表現や言い回しに間違いがあったり、もっといい表現がある場合は教えて欲しいと事前に伝えておくのもいいでしょう。

外国の文化、外国人の考え方なども知っておくと会話がスムーズ

また、英語を話す上では外国の文化、外国人の考え方なども知っておくと、会話がスムーズに進みます。

例えば日本では日本人であることを前提にした会話がなされます。

誰でも共通することがあれば、コミュニケーションはある程度省略し、単語一つで意思疎通ができます。

これは英語圏でも当然同じです。

英語力はバッチリなのに、文化や常識を知らないことで意味がわからないこともあるので、最低限の知識として抑えておきましょう。

スピーキングにおすすめの本

あわせて読みたい
スピーキングの秘訣聞き取れないと話せない スピーキングの秘訣は、前提条件として、リスニング能力がしっかりしていないと意味がありません。 「聞き...
予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話

予約不要のオンライン英会話のネイティブキャンプ。
業界初!24時間365日いつでもどこでも英会話レッスンができる!
TOKYO MX 放送中 東京オーディション(仮)、ネット配信番組 小力の小部屋など様々なメディアで紹介されています。

RELATED POST