オンライン英会話を体験する

[チェックポイント3] 通話品質の確認

海外との通話の場合はタイムラグに注意

チェックポイント3は、通話品質の確認です。

スカイプはパソコンを利用して無料で会話ができるソフトなのですが、利用者同士の通信環境によって通話品質が大きく異なります。

また、海外との通話の場合はタイムラグが発生して、聞き取りにく事もあります。

私が実際にオンライン英会話を体験していて、タイムラグで話しずらい時がありました。

ワイヤレスなら電波が良い環境がおすすめ

基本的には、ワイヤレス(無線)よりもLANケーブル(有線)で繋いでいる方がインターネットが安定しているので音の品質も良くなります。

ワイヤレスの場合だと、インターネットが不安定過ぎると通話中に切れてしまう場合が稀にあるので、電波が良い環境のワイヤレスがおすすめです。

私は光回線でLANケーブル(有線)を使用しています。

パソコンは、Windows7ですが今のところは、スカイプの調子がとても悪いという時はなかったです。

ノートパソコンでワイヤレスでスカイプをすると、ちょっと不安定だなっと感じた事はあります。

オンライン英会話スクール側の環境も確認

通話品質はオンライン英会話スクール側の環境も重要になってきます。
こちらが良い環境でも先生側の環境が良くないと不安定になったりします。

特にインフラが整備されていないフィリピンなどの場合は、在宅講師のレッスンではネット回線が不十分なので、オフィスでレッスンを提供しているスクールがおすすめです。

フィリピンは、良く停電するので停電対策を行っているかどうかも選ぶ際のポイントです。

さらに、スカイプのWEBカメラを使ってお互いの映像を見れるテレビ機能を使用して英会話のレッスンを受講できるスクールの場合は、光回線が望ましいです。

光回線ですと映像が綺麗に映りますし、映像と言葉タイムラグも少なくなります。

英会話は口元を見て、先生がどのように発音しているのかが分かった方が上達も早くなるのので、オンライン英会話を始める時には自分のパソコンやインターネット回線の確認、申し込む予定のスクールのインターネット環境などを良く確認してから申し込みをしてください。

無料体験レッスンを受講していると、こういった問題点も申し込む前に発見することができますし、通話品質の確認もできるので、おすすめです。

予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話

予約不要のオンライン英会話のネイティブキャンプ。
業界初!24時間365日いつでもどこでも英会話レッスンができる!
TOKYO MX 放送中 東京オーディション(仮)、ネット配信番組 小力の小部屋など様々なメディアで紹介されています。

RELATED POST