英語上達の秘訣

リエゾンの勉強法

リエゾンとは

リエゾンとは、連結した発音(連音)の事をいいます。
英語では、Liaisonと書きます。

ネイティブが話している英語では、よくリエゾンが使われています。

たとえば、「What do you ~.」という時に文章通りに発音すると「ワッツ ドゥー ユー ~。」ですが、リエゾンの連結した発音で話すと「ワドゥユ ~。」となります。

リエゾンは、語尾の子音が次の母音と繋がって発音される事が多いです。

その他にも、子音と子音が繋がったり、消えてしまう音もあります。

英語を聞いていると、「この単語って発音したっけ??」「こんな単語あったけ?」っと聞いた事のない音に気がつくことがあると思うのですが、それがリエゾンです。

日本の歌詞に良く使われている「check it out.」などもそうですね。

チェックイッツアウトとは発音しないですよね。
チェケラウと発音しますね。

これも音が繋がって発音されているリエゾンです。

リエゾンの勉強法

リエゾンの勉強法については、法則を覚えることが必要になります。

ただ、規則を覚えも必ずしもリエゾンがマスターできるわけではないので、とにかく多くのの英語を聞くことがリエゾンをマスターする近道です。

海外の映画やドラマなどを見ていると、会話の中でたくさんのリエゾンが使われています。

ネイティブ発音のメカニズムを徹底解剖動画!(リエゾン法則編)

どのような時にリエゾンが発生するのか、その規則を分かりやすく解説しています。
今まで早い英語をが聞き取れなくて困っている方におすすめの動画です。

ゆっくり発音とリエゾンの発音の違いが分かる動画】

ネイティブのケイトリン先生の1単語ずつをはっきりと発音してくれるゆっくり発音とナチュラルスピードのリエゾンの発音を聞くことができます。

リエゾンの勉強法におすすめの本

予約無しでレッスンし放題のオンライン英会話

予約不要のオンライン英会話のネイティブキャンプ。
業界初!24時間365日いつでもどこでも英会話レッスンができる!
TOKYO MX 放送中 東京オーディション(仮)、ネット配信番組 小力の小部屋など様々なメディアで紹介されています。

RELATED POST