英語上達の秘訣

リスニングの勉強法

自分のリスニング力不足の原因を知る

リスニングの勉強法は、まずは自分のリスニング力不足の原因を知ることから始めます。

原因としては、「語彙・表現などの基礎知識不足」「抑揚や発音への不慣れ」「日本語への変換スピード不足」があります。

例えば抑揚や変換速度がハイレベルでも、基礎が抜けていると充分にその力を生かせません。

また、基礎も発音もしっかりしていても、肝心な変換スピードが不足していると、英語の意味を理解するのに時間がかかってしまい、いざ会話をしてみると上手くいきません。

基礎については、学生が勉強するのと同じ要領で、単語、熟語、表現を覚えていきます。

この時、特に発音に注意し、さらに例文をCDがなどで聞き、長文の中で単語や表現がどのように聞こえるかもチェックしておきましょう。

抑揚や発音については、長文をCDで聞き、音声に続いて自分でも音読してみましょう。

リズムを意識し、テンポよく音読していくと、自然と英語の発音や抑揚が頭に入ってきます。

変換スピードには映画を見るのが効果的

変換スピードについては、例えば映画を見るのが効果的です。

英語から日本語へ訳すのではなく、そのまま英語として意味を理解するには、英語を聞いて物や場面など映像を頭に描くといいです。

それはちょうど、洋画を字幕なしで見ている状態に似ています。

最初は日本語字幕、次は英語字幕、最後は字幕なしでそのまま映画を見ると、変換速度は上がっていきます。

効果的なディクテーション

リスニングの勉強法として効果的なものに、精聴があります。

これはディクテーションなどと呼ばれており、英語を聞く際に、すべての単語をしっかりつかむ練習です。

英語を聞きながら単語を書き出していくことで、どこが聴き取れなかったか確認してきます。

特に、日本人が苦手とする英語の前置詞、冠詞、時制といった点をしっかり聞き取って理解するのに役立ちます。

長文の英会話をCDで聞き、単語を出来る限り書き出していき、わからなかった部分を集中的に聞いていきます。

自分が苦手な単語のパターン、語句の組み合わせのパターンなどが見えてくるので、苦手な箇所を重点的に克服できます。

ネイティブの人と会話する時間を日常に取り入れる

そして最後は、ネイティブの発音を聞きましょう。

オンラインでもいいので、ネイティブの人と会話する時間を日常に取り入れます。

実際の人間を相手に会話をすると、例えば話題が転換した時など、瞬時に英語を聞き取る必要があります。

これは英会話における対応力であり、実際にコミュニケーションをしないと身につきません。

ここまで書いた基礎の部分をしっかり行っていけば、ネイティブとの会話もスムーズにできるようになるので、基礎をまず身につけましょう。

リスニングの勉強におすすめの本

あわせて読みたい
リスニングの秘訣英語をしっかり聞き取れることが大切 リスニングの秘訣については、まずは英語をしっかり聞き取れることが大切です。 これは単...
あなたにおすすめの記事